1. トップページ
  2. ICT
  3. Studyaid D.B.
  4. Studyaid D.B.(Ver.19)新機能ご紹介

ICT

Studyaid D.B.(Ver.19) 数学/理科向け新機能ご紹介

このページでは、Ver. 19システムの主な新機能・改良機能についてご紹介いたします。

Ver.17以降のシステムが搭載された商品を1つでもお持ちであれば、下記ページより最新のVer.19.xxシステムにアップデートしていただけます。

■主な新機能・改良機能
問題編集 文章・数式 ・大学向けの数式を追加しました
・一問あたりの行数を増やしました

問題編集―文章・数式―

  • 大学向けの数式を追加
  • ・ご要望の多かった「総乗総乗」や主に大学数学で用いられる「重積分重積分」などを追加しました。
    他にもさまざまな数式を搭載しました。
  • 数式

  • ・記号パレットに、n行n列の行列を表す際に使われる斜めや縦の「三点リーダー」、集合で使われる「否定」などを新たに追加しました。
    縦の三点リーダーは表の中で縦の省略に使うなど、別の用途としてもお使いいただけます。
    • 一問あたりの行数を増加

      一問あたりの行数を従来の2倍程度に増やしました。

    • 「数研標準-カナ漢」で使用できるフォントを追加
      「数研標準-カナ漢」のフォントを「BIZUD明朝」に変更できるようにしました。
      [Windows10 October 2018 Update (1809)以降をお使いの場合]
    • ※仕様などは予告なく変更する場合があります。

    ページの先頭へ戻る

    ページの先頭へ