コンテンツ

会社案内
数研出版5つのメッセージ

  • 1.チャート式でありつづけるために。
  • 2.つかう側の論理でつくる。
  • 3.もっと「学ぶ楽しさ・教える楽しさ」を。
  • 4.考える力をのばす道しるべでありたい
  • 人生の参考書、地球の教科書。
  • 社長メッセージ
  • 社是
  • 会社概要・所在地
  • 組織図
  • 一般事業主行動計画

会社の歴史

入社のご案内

関連会社

子どもたちに、もっと「学ぶ楽しさ」を・・・だけではなく、先生にも、もっと「教える楽しさ」を。教科書や参考書は、誰のためにあるのか?

いい意味でもわるい意味でも、情報が氾濫している今の時代。書店に行くと参考書は溢れ、街には大小学習塾、個人指導塾や家庭教師もあります。さらには、インターネットを通じて、自宅にいながら本が買えますし、スクーリングさえも可能です。パソコンを使いこなすのは当たり前、かつ高性能なオーディオビジュアル環境で育ってきた、そんな今の子どもたち。活字から想像力を働かせて思考するよりも、バーチャルなビジュアル体験を通じて思考する今の子どもたち。彼ら彼女らに、「楽しい」「わかりやすい」と思ってもらう授業を学校の先生がするのは、ある意味、至難の業ともいえます。
「1冊の教科書と、黒板を使ってコツコツ教える。そんな授業では、もう辛抱してくれないんですよ」「昔ながらの手書きのプリント。ともすると、私たちは、それが“味”だなんて思ってますけど、今の子どもたちにとってみれば、中にどんなにイイコトが書いてあっても、なんだ、手書きか!としか見えなかったりするんですよ」……最近、そんな声が聞こえてきます。

数研出版は、先生たちにとっても最大の味方でありたい。

現代の先生たちが、生徒から「学校の授業は面白いなぁ」「学校で配られるプリントはすごいなぁ」と思ってもらえるには、どうしたらよいか?そうやってつくられたのが、<スタディエイドD.B.>と呼ばれる教師用支援ソフトです。生徒一人ひとりの状況に合わせて、さまざまなプリントがつくり分けできる。マス刷りにはできないきめ細かくかつオリジナリティの高いプリント教材づくりが可能である点が、その最大の特徴です。数研出版が独自開発したソフトで、通常のパソコンでは表現しにくい数式もカンタンに入力できるうえ、問題データ数が豊富で、利用した問題の類問検索が一瞬でできてしまいます。デジタルメディアの特異性をフルに活かした斬新なソフトです。使用していただいた学校からは、おしなべて高い評価をいただいています。
また、教科書には、文字と静止画しか載せられません。しかし、そこに音と動画を加えることができれば、単に「おもしろく学べる」だけではなく、生徒たちが理解する「早さ」と「深さ」も、飛躍的に向上するはずです。特にそれは、「ネイティブの発音」と「海外の文化をリアルに知る」ことが重要な英語教育や、「立体的・時系列的な現象理解」が重要な理科教育に、大変効果的です。英語の「スタディエイドD.B.ポールスター」や、理科の映像・アニメーションソフトDVDが、高い評価を得ているのは、その実証であると思います。
アメリカでいち早く始まった「学校のIT化」は、日本でも、ミレニアムプロジェクト以来、急速に進展しつつあります。そんな時代の変化に合わせて、私たちは、教材に対する考え方も柔軟に変えていかなくてはいけません。特に、教育をとりまくさまざまな環境が猛スピードで変化していくいま、もはや、「現場のニーズに応える」のでは遅く、「一歩先のニーズを予測し提案」していかなくてはいけないのです。

このページのトップへ