戻る

英単語

必携 英単語 LEAP

竹岡広信 著

定価 本体 950円+税
ISBNコード 978-4-410-14422-6
サイズ B6変判
ページ数 512ページ
書店店頭販売 店頭販売しています
竹岡広信先生 執筆
4技能対応型英単語集

1.Active Vocabulary(発信語彙)とPassive Vocabulary(受信語彙)の分類

  • 1,935の英単語を
     writingspeaking「使いこなせる」ようにするActive Vocabulary
     readinglistening「意味がわかる」ようにするPassive Vocabulary
    に分類しました.

2.Active Vocabulary (Part 1, 2) には「使うための情報」が満載

  • 「英語での発信」に必要な「熟語」「定型表現」[頻出]として,
    「発信の際に間違えやすいポイント」[注意]として掲載しました.

3.見出語の難易度をCEFRレベルで表記

  • 見出語にCEFRレベル(A1~B2)を表記し,「どのくらい使われる語なのか」
    「どのくらい重要な語なのか」を明示しました.

4. 「グルーピング」と「語のニュアンス」で「語の使い分け」が可能

  • 「グルーピング」によって意味の似た語を並べ,適宜,「ニュアンス」
    簡潔に解説することで,類義語との違いを理解し,使い分けができるようになります.

5. 語源や語呂合わせなどで,英単語の「丸暗記」を打破

  • 語源語呂合わせなど,覚える手がかりとなる情報を提示し,英単語学習が
    「丸暗記」にならない
    ように工夫しています.
  • 語源は,その連想の過程をかみ砕いて示し,さらに同語源の単語も提示することで
    理解を深められます.
  • また,「語呂合わせ」なども掲載していますので,楽しく英単語学習ができます.

6. 「発信」に役立つ42の基本動詞

  • 巻頭にて「基本動詞」を解説しています.
    42語の基本動詞を厳選し,その中心となるイメージを解説し,
    activeな用法,間違えやすい注意点,[比較]として類義語との違いなどを
    精選して掲載しています.

7. 充実したコラム

  • 「語源(主に接頭辞・接尾辞)」の理解を助け,「発信」に役立つ「発音とアクセント」の基本的なルールを学べるコラムを用意しました.
    ①「語源の捉え方」(Ⅰ. 語源について Ⅱ. 覚えておきたい接頭辞・接尾辞)
    ②「発音・アクセントのルール」(Ⅰ. 発音編 Ⅱ. アクセント編)

8. 4種類のダウンロード用音声でさまざまな音声活動が可能

  • 4種類のダウンロード用音声で4技能を見据えたさまざまな音声活動ができます.
    見出語+語の意味
    用例(日→英):口頭英作文用 ⇒ 英語で「話す」トレーニング
    用例(英→日):英文解釈用 ⇒ 英語を「聞く」トレーニング
    用例(英文のみ):ディクテーション・シャドウイング用

*弊社HP・スマートフォン用アプリ「数研Library」(→下記)からダウンロード可能.(2018年12月下旬アップロード予定)

*「数研Library」は単語と用例の意味を【英→日】【日→英】で手軽に確認できる一問一答テストにも対応.(2019年4月中旬リリース予定)
 (「用例」の場合は【英日】【日英】ともに適語句選択形式)

☆「数研Library」のご案内 → http://www.chart.co.jp/software/EngWord_Appli/

レベル・目標

日常学習~難関大入試

オススメ使用法

    • 本書では学習者に,次の3段階で学習を進めることを推奨します.
      見出語語の意味(+語のニュアンス)を覚える
      ①の復習用例(フレーズor例文)で実際の使われ方を学ぶ
      ①,②の復習Tip(暗記の手がかり)語の使い方(Part 1, 2に掲載)で単語の知識を深める
    • ☆ 1度にすべての情報を習得しようとするのではなく,3段階に分けて学習することで,
      負担が少なく,スムーズな繰り返し学習が可能!
    • ☆ ②と③でそれぞれ前段階の復習をするため,知識の確実な定着が可能!

ページの先頭へ戻る