前のページにもどる

~生きもの探検!~ 親から子へ伝わる遺伝のしくみ

~生きもの探検!~
親から子へ伝わる遺伝のしくみ

著者:美宅成樹/絵:大石容子

  • 定価:本体1,600円+税
  • 判型:A5判上製
  • 頁数:160ページ
  • 色数:オール4色
  • ISBN 978-4-410-13906-2
  • 発行 2007年5月

■内容紹介

生きものの不思議がギュッとつまった1冊!

「そもそも生きものってなんだろう!?」 というような素朴なギモンから遺伝子の働きまで,小学校中学年から読めるようにやさしく解説しています。イラスト満載の楽しい絵本です。

会話文を中心に構成しているので,とってもわかりやすい!
ロボットやユズなどのキャラクターが章ごとに登場して,もの知りなおじいさんと会話を繰り広げていきます。会話文のみで伝えきれないことは,それぞれのトピックの最後に解説枠を設けてキチンと説明しています。

◆内容が充実しているので,通読すると,しぜんと生きものの知識が身につく!
会話文と解説に加えて,各章のおわりには一歩踏み込んだ内容を紹介しています。最新の研究成果も織り交ぜていますので,本書を読めば,生きものに関する幅広い知識を習得することができます。

■目次

  • 第1章  そもそも生きものってなんだろう?
    • 生きものと生きものでないもののちがい
    • 生きものの体は何でできているのかな
    • 細胞にはいろいろな形や大きさがある
    • 生きものが成長するしくみを見てみよう
    • 生きものは長い時間をかけて“進化”した
    • くわしく見てみよう!
      私たちの体をつくる細胞の働き
  • 第2章 なぜ? なに? 生きものにはふしぎがいっぱい
    • キリンの首はどうして長いのかな
    • バーボが太っているのは遺伝子のせい?
    • 生きものはどうして目が2つあるのかな
    • ケガをしたら痛いのはなぜ?
    • 遺伝子のちがいで病気になることがある?
    • 人はどうしてカゼをひくのかな
    • 古いものを食べると病気になるのはなぜ?
    • くわしく見てみよう!
      “あたりまえ”なことにはフシギがいっぱい
  • 第3章 親から子へ伝わる遺伝のしくみを見てみよう
    • そもそも遺伝子ってなんだろう?
    • 遺伝子の働きで子どもは親に似る
    • DNAの情報でタンパク質がつくられる
    • DNAの情報でタンパク質がつくられる
    • タンパク質の世界をのぞいてみよう
    • 遺伝子は組みかえることができる?
    • クローンってよく聞くけどなんだろう?
    • “フグゲノム”に“ヒトゲノム”…?
    • いろいろなゲノムを比べてわかること
    • くわしく見てみよう!
      遺伝子の発見から,タンパク質の働きが見つけられるまで
  • 第4章 生活習慣や環境と遺伝のつながり
    • つかわれない細胞は死んでしまう?
    • 頭をつかうと脳の細胞は元気になる
    • 生活習慣と遺伝子の関係を見てみよう
    • タンパク質はパワーのみなもと
    • これからも生きもののこと考えよう
    • くわしく見てみよう!
      遺伝子を知ると,よりよい生活がおくれる!