精説数学シリーズ

教科書に未掲載の発展問題まで収録した新しい教科書型のテキスト

数研出版では,高校3年間で学ぶ数学を,より高度な内容にも触れられるように,通常6冊ある教科書を4冊に再編集しました。 物事の本質をとらえる直感力,自由で柔軟な発想による創造性,理論的な思考と表現力など,数学という学問のもつ特質を身につけるための,数研出版ならではの新しい教科書型のテキストです。

「精説数学シリーズ」の5つの特色はこれだ!

  1. 多様なご指導を可能にする,ニュータイプの教材
  2. 学習指導要領にとらわれない内容で構成
  3. 高校数学の内容を4巻に分けて,効率良く解説
  4. 効率の良い学習のため各巻の章の配列を工夫
  5. 数研の独自の編集内容で,入試に必要な内容を補充

精説数学

第1巻
(改訂版)
テキスト 256
ページ
714円+税 数と式/方程式と不等式/2次関数/複素数と方程式
/式と証明/順列と組合せ/確率
準拠問題集* 152
ページ
629円+税
第2巻
(改訂版)
テキスト 224
ページ
695円+税 平面図形/図形と式/図形と計量/三角関数/いろいろな関数
準拠問題集* 128
ページ

619円+税

第3巻
(改訂版)
テキスト 224
ページ
695円+税 数列/微分法-その1/積分法-その1/ベクトル/行列
(入試対策として「空間における直線・平面の方程式」の内容を補充しました)
準拠問題集* 152
ページ
629円+税
第4巻
(改訂版)
テキスト 272
ページ
733円+税 極限/微分法-その2/微分法の応用/積分法-その2
/積分法の応用/式と曲線/確率分布
準拠問題集 * 148
ページ
648円+税

上記価格は税込です。

※準拠問題集は、学校採用専用書籍です。書店店頭では販売しておりません。

↑このページのトップへもどる↑