戻る

チャート式参考書

改訂版 チャート式 数学II

チャート研究所 編著

定価 本体 1,670円+税
ISBNコード 978-4-410-10134-2
サイズ A5判
ページ数 552ページ〔別冊解答編:376ページ〕
書店店頭販売 店頭販売しています
答の形態 本冊巻末略解/挟み込み別冊詳解

【高校数学のバイブル,伝統の赤チャート】

数学の実力定着と大学入試対策に最適

~基礎定着から難関大学入試対策まで,幅広い学習ができます~

  • 教科書の内容から入試に必要な発展的事項まで,どんな内容も丁寧に解説しています。
    基本の定着から実力アップ,大学入試対策,難関校入試対策と,どんな目的にも使える参考書です。
  • 問題の重点や急所がどこにあるか,問題解法の方針をいかに立てるか,解法上のポイントは何かを的確に示すのがチャート式の真髄です。本書はその伝統を連綿と受け継いでいます。
  • 例題は,代表的で重要な問題を数多く採録しています。
    →例題の役割や難易を飾りの色で区別していますので,理解の度合いに応じて取り組む問題を選ぶことができます。
  • 青の飾りの例題……基本問題。基礎力の定着に効果的。
    赤の飾りの例題……標準レベルの問題。実力アップに効果的。
    黒の飾りの例題……入試対策用の問題。応用力アップに効果的。

    「指針」では,解法の方針とポイントを的確に示し,最重要ポイントを CHARTに適宜まとめています。
    解答には参考図やきめ細やかな補足説明が効果的に入っていますので,無理なく理解できます。
    その他,「検討」や「LECTURE」では,注意すべき点や参考事項など,例題についての理解や知識を深めるのに効果的な内容が豊富に入っています。
    また,素朴な疑問について回答する「質問コーナー」を新たに盛り込みました。

  • 練習は例題の反復問題や類問,章末の演習問題ではその章の発展的な問題を採録しています。
  • コラムが豊富に入っています。その内容もバラエティ豊かですので,学んできた内容に関して理解を深めたり,数学的な面白さに触れたりすることができます。
  • 巻末の総合演習が2部構成になり,段階的に入試実践力を強化することができるようになりました。第1部では,複数の章の内容が関係した融合問題を中心に,第2部では更に高度な問題を中心に扱っています。入試問題の中に潜むテーマなどについても解説していますので,実践力を高めることができます。
  • 本冊の多くの部分を3色にし,重要なところや図版・表に効果的に色を使っています。
  • 解答編には,問題文も掲載していますので,解答編だけでも問題演習が可能です。
★チャート式参考書各シリーズの特色
 
 赤チャート チャート式参考書の最高峰。難関大学入試対策まで万全。
しっかりとした解説で,数学の実力が完全に定着できます。
 
 青チャート(基礎からの)チャート式参考書のベストセラー。
どんな問題もこの一冊で解決!日常学習から入試の発展的な問題までをもれなく掲載。
 
 黄チャート(解法と演習)多くの学校でご採用いただいている信頼の一冊。
教科書マスターから入試対策まで幅広くカバー。
 
 白チャート(基礎と演習)基礎固めからセンター試験まで安心の一冊。
教科書と併用しての日常学習や基礎固めに最適。センター試験程度の受験にも対応。

レベル・目標

日常学習~難関国公立大理系対策

オススメ使用法

【教科書の内容に重点をおいて学習したい人】

まず,青の例題 のページで,基本的なタイプの問題(教科書の例レベル)を解く。
→解けなかったら,基本事項やCheck問題,教科書に戻って確認しよう。
青の例題が解けるなら,赤の例題 のページで標準的なタイプの問題(教科書の例題・章末問題レベル)を解く。
→赤の例題が解けなかったら,青の例題で再確認。例題の中に示されたフィードバックも参考にしよう。例題が理解できるのなら,例題下の練習(例題の類問)に取り組んでみよう。練習にA,Bの2つのタイプがあるときは,まず練習Aに取り組んでみて,難なく解けるなら練習Bも解いてみよう。

【教科書レベルの内容には自信がある人】

赤の例題で難易3以上のもので力試し。難なく解けるようなら,黒の例題に挑戦しよう。ただ,もし,赤の例題で躓くようだったら,難易2の例題を改めて確認して再挑戦しよう。

【入試対策に取りかかりたい人】

黒の例題または章末の演習問題に挑戦。わからなかったら,問題の横に → で示された例題に戻って再確認。

【更に難しい問題に挑戦したい,入試実践力を高めたい人】

演習問題が理解できるまでの力がついたら,巻末の総合演習で難問に挑戦し,更に実力を強化しよう。1部と2部の2部構成になっていますが,2部は難問そろいなので,1部から着実にステップアップすることを推奨します。

ページの先頭へ戻る