戻る

マンガで考える なぞとき算数アドベンチャー 世界遺産をまもれ!

数研出版編集部

定価 本体 960円+税
ISBNコード 978-4-410-15483-6
サイズ B5判
ページ数 80ページ
書店店頭販売 店頭販売しています

マンガ × なぞとき × 算数 で
算数が楽しくなる! ねばり強く考える力が身につく!

「うちの子は,算数があまり好きではないみたい……」
「こどもが全然机に向かって勉強しない……」
そんな悩みをもつ保護者のかたにオススメです。

マンガを読んで、出題される算数のなぞときに取り組むことで、算数の知識とねばり強く考える力をのばすことができるので、学習習慣がまだ身についていないお子さまでも、気軽に楽しく取り組むことができます。
また、世界遺産についても学ぶことができるので、興味づけの教材としても活用いただけます。

~本書のあらすじ~

ネコの「カイ」、ウサギの「スウ」、なぞの妖精「マル」が、
算数のなぞときをしながら世界遺産を大冒険!

好奇心旺盛なマルに連れられて、
日本の世界文化遺産「国立西洋美術館」へやってきたカイとスウ。
そこへとつぜん現れた怪盗ジェントールに、マルの大事な鍵がうばわれてしまう!
鍵の不思議な力を利用して、世界中の世界遺産を手に入れようとするジェントール。
算数のなぞを解いて、ジェントールを追いかけるカイ・スウ・マル。
果たして3人は、鍵を取りもどして世界遺産を守ることができるのか!?

オススメ使用法

1人でねばり強く考えたり、家族や友だちと一緒に考えたり……。
大人でも簡単には解きかたが思いつかない、むずかしい問題もあります。
ぜひチャレンジしてみてください!

ページの先頭へ戻る