戻る

マンガで考える なぞとき算数アドベンチャー 宇宙のともだち

数研出版編集部

定価 本体 960円+税
ISBNコード 978-4-410-15484-3
サイズ B5判
ページ数 80ページ
書店店頭販売 店頭販売しています

マンガ × なぞとき × 算数 で
算数が楽しくなる! ねばり強く考える力が身につく!

「うちの子は,算数があまり好きではないみたい……」
「こどもが全然机に向かって勉強しない……」
そんな悩みをもつ保護者のかたにオススメです。

マンガを読んで、出題される算数のなぞときに取り組むことで、算数の知識とねばり強く考える力をのばすことができるので、学習習慣がまだ身についていないお子さまでも、気軽に楽しく取り組むことができます。
また、国際宇宙ステーションや宇宙にまつわる話題にふれることができるので、興味づけの教材としても活用いただけます。

~本書のあらすじ~

ネコの「カイ」、ウサギの「スウ」、なぞの妖精「マル」が、
算数のなぞときをしながら宇宙を大冒険!

ある日とつぜん、地球から“数”が消えてしまい学校は大混乱。
なんと、めずらしいものが好きな宇宙人コレクターによって、
地球から“数”がうばわれてしまったのだ!
「ほかにめずらしいものを持ってくれば,“数”と交換してやる」
と言い、姿を消したコレクター。
“数”を取りもどすため、カイとスウはマルの宇宙船に乗り、宇宙を大冒険!
果たして、コレクターが本当に欲しいものとは……?
そして3人は、“数”を取りもどすことができるのか!?

オススメ使用法

1人でねばり強く考えたり、家族や友だちと一緒に考えたり……。
大人でも簡単には解きかたが思いつかない、むずかしい問題もあります。
ぜひチャレンジしてみてください!

ページの先頭へ戻る