コンテンツ

会社案内

会社の歴史

  • CHARTとは何?
  • チャート式の歴史

入社のご案内

関連会社

CHARTとは何?>>

チャート式シリーズ参考書巻頭言より

汗をかけ。

勉強は、恋愛と等しい。

君が、ある人を好きになったとしよう。話したこともなければ、名前も知らない。でも、どうしてもその人の恋人になりたい。

…さぁ、君はどうするか。

恋が実るまでの道のりは、長く、険しいことが多い。迷ったり、悩んだり、恥ずかしい思いをしたり。しかし、だからこそ、想いがかなったときの喜びや感激は、何事にもかえがたい。また、とうとう想いがかなわなかったとしよう。そのときの悲しみや悔しさもまた、何事にもかえがたく、そしてそれは、その後の君の人生にとって貴重な資源となるだろう。

勉強は、恋愛と等しい。わかるようになりたい、よい点をとりたい…。

でも、想いをかなえるには、いくつものプロセスを必要とする。そこで、大いに迷ったり、苦しんだり、そして、何度もくじけそうになる。それで、かまわない。

大切なことは、たった1つ。しり込みせず、正面から体当たりしていくこと。何もしなかった結果としての失敗は、人を後悔させ臆病にさせるだけだが、体当たりした結果としての失敗は、必ずや、君を“魅力的な大人”へとステップ・アップさせるにちがいない。

チャート式シリーズ参考書巻頭言挿絵1

勉強は、スポーツと等しい。

君が、スタートに出遅れたマラソン・ランナーとしよう。ゴールまで道のりはまだあるが、前を走るランナーの後ろ姿さえも見えない。

…さぁ、君はどうするか。

そのとき大切なのは、誰かと争っていることを一度忘れること。もはやライバルは他人ではなく、「もうダメか」とあきらめてしまう自分自身にほかならない。一流選手は、そのことをよく知っている。だから、決してあきらめず、ひたすら自分のペースで走り続ける。そして、いつのまにか、遠くにいたはずのランナーを追い越してしまう。

勉強は、スポーツと等しい。自分よりできる人、点数のよい人をうらやんでばかりでは、何も始まらない。仮に、今の君が出遅れたランナーであったとしても、勝負はこれから。そんなとき、本当のライバルは、あきらめたり弱気になったりしてしまう“自分自身”であることを、忘れないでほしい。

どんな名選手といえども、最初からスーパースターだったわけではない。挫折を知らないわけではない。みんな“ゼロ”からスタートしている。それでも、幾人ものライバルたちを追い越してきたのは、自分自身との闘いに勝ってきたからなのだ。

チャート式シリーズ参考書巻頭言挿絵2

近道よりも、汗をかく道。

チャート式シリーズ参考書巻頭言挿絵3

恋愛も、スポーツも、そして勉強も。本当に大切なのは、結果よりも、目標を持ちそれに向かうプロセスにほかならない。プロセスには、近道とそうでない道とがある。たとえば、ある試験問題において、普通に解けば20分かかるけれども、ある特殊な糸口を見つければ5分で解ける場合がある。そして、後者を“すぐれた解き方”として奨励する先生や参考書も少なくない。

しかし、チャート式は、君にそのような「近道」をすすめようとは思わない。近道は、見つかれば素晴らしい道だが、なかなか見つからず、問題によっては存在しない場合もある。時間と緊張との戦いを強いられる本番の試験において、近道を見つけられる確率は、決して高くないだろう。

だから、チャート式は、どんな問題が出てきてもあわてず、あきらめず、そして柔軟に対応していける「確実な道」を教える参考書でありたい。

「確実な道」を行く者は、「近道」を行く者よりも、汗をかかなくてはならないだろう。だが、その汗は、絶対に無駄にはらなない。君が、将来“かっこいい大人”“素敵な大人”になれるかどうか――それは、10代の時どれだけ「汗」をかいたかで決まるから。

恋でもいい。グラウンドの上でもいい。
そして、エンピツを握ってでもいい。
フィールドは何であれ、思い切り「汗」をかく人であってほしい。

いっしょに、がんばろう。 チャート式。

チャート式

このページのトップへ