前のページにもどる

ムータンとカズキの時空冒険記 乗りものの歴史の話

チャートブックス学習シリーズ
ムータンとカズキの時空冒険記
乗りものの歴史の話

監修者:関田克孝

  • 定価:本体1,100円+税
  • 判型:A5判並製
  • 頁数:128ページ
  • 色数:オール4色
  • ISBN 978-4-410-13916-4
  • 発行 2009年7月

乗り物の知識が身につき,人のくらしについて学べます。

■内容紹介(監修者の言葉より)

人々のくらしの中で、乗りものはものすごい早さで発達してきました。その発達は、私たちに新しい便利さを提供してくれます。それは、スピードが向上することによる、時間の有効利用です。また、その発達は時々、私たちにたいへんな不便さも、もたらします。それは、くらしやすい環境へのわるい影響です。エネルギー源が大気をよごしたり、大きな音をたてたり、振動も発生させます。
歴史の中で、どの乗りものが新しい便利さ、不便さをもたらしたでしょうか?
ムータンとカズキくんの時空を超えた冒険から、一緒に考えてみることにしましょう。

監修者・乗物絵本史研究家・関田克孝

■目次

  • ステージ0-1 未来の国から来たタヌキ!?
  • ステージ1  お江戸日本橋で大ピンチ!!
    • サブステージ1 文明開化の乗りもの
  • ステージ2  陸じょうきは乗りおくれにご注意!
    • サブステージ2 鉄道の発達
  • ステージ3  チビッ子バスが復興に大かつやく!
    • サブステージ3 戦前・戦後の乗りもの
  • ステージ4  高速道路はマイカーでいっぱい!
    • サブステージ4 レジャーの主役へ
  • ステージ5  赤ちゃんのぼくにもやさしいクルマ
    • サブステージ5 そして現代へ
  • ステージ6  プロポーズはタイムマシンに乗って
  • ステージ0-2 未来の国から来たカズキ!?
  • ムータンの乗りもの調査レポート 乗りものの歴史年表