前のページにもどる

大地という名の食卓

大地という名の食卓

編著者:石川直樹

  • 定価:本体1,300円+税
  • 判型:四六判上製
  • 頁数:120ページ
  • ISBN 4-410-13893-6
  • 発行 2003年7月

■内容紹介

「ぼくはいつも腹を空かしている。だから、積極的に食べる」
世界を歩き続けてきた旅人が、各地の「食の記憶」を掘り起こします。幾多の旅の中で、心に刻まれた食とはどのようなものか? 冒険にとって、食とはどのような存在であるのか? 旅の先々で撮影した写真と、記憶をもとに表現した言葉。旅人の心に刻まれた、6つの心象を綴ります。

■目次

  1. インドのカレー
  2. アラスカのイクラ丼
  3. 北極のオートミール
  4. アルゼンチンのアサード
  5. チョモランマのこんにゃくゼリー
  6. ミクロネシアのパンノミ

■著者紹介

著者写真

石川直樹(いしかわ・なおき)

1977年東京生まれ。高校2年の夏、インド・ネパールを一人旅したことをきっかけに、ミクロネシア、世界七大陸最高峰、北極-南極間など、世界中のさまざまな場所を旅する。東京芸術大学大学院在学中。著書に『この地球(ほし)を受け継ぐ者へ』(講談社)。

ホームページ  http://www.straightree.com/