前のページにもどる

大学受験小論文 現代科学の知的論点 ビジョンを育てる12講

大学受験小論文
現代科学の知的論点
ビジョンを育てる12講

著者:細水正行

  • 定価:本体1,200円+税
  • 判型:A5判
  • 頁数:168ページ
  • 色数:オール2色
  • ISBN 4-410-13804-9
  • 発行 2002年10月

■内容紹介

近年の大学入試小論文では科学系トピックを扱った出題が増加しています。内容は現代の複雑な社会問題を反映し、「バイオテクノロジー」「環境問題」「医療」「情報化社会」などじつに多岐。これら科学系トピックで採点者をうならせる小論文を書くには、幅広い知識と深い考えを自分のモノにしておくことが必須です。

本書は、現代科学の諸問題に対して迅速かつ的確に自分の考えを述べられるようになるための参考書です。トピック別に12の論点に分けました。各論点は、ぜひ知っておきたい重要トピック「キーワード」、すぐひらめいてほしい重要事項「着眼」、入試でそのまま使える例文「ユニット論法」、などから成り立っており、自分の知識と考えを整理しながら構築していくことができます。また各論点の最後には過去の入試問題から厳選した「例題演習」を用意しました。

科学分野の「広い知識」と「深い考え」を自分のモノにして、ぜひ将来へのビジョンを構築してください!

■目次

  • 論点 1 「分子」か「生命」か――遺伝子工学・クローン・再生医療
  • 論点 2 全宇宙は「心」の中に――脳科学・脳死・生命像・東洋哲学
  • 論点 3 問われる「神」の権威――インフォームド・コンセントと情報化社会
  • 論点 4 生かされるのでなく生きること――高齢化社会・福祉・QOL
  • 論点 5 人工知能は夢を見るか――「電流としての思考」と「揺らぐ実存」
  • 論点 6 解剖されゆく地球――高層大気・深海・環境
  • 論点 7 分子を“設計”する――人工酵素とインテリジェント材料
  • 論点 8 巨大な連鎖の片隅で――環境・生態系・経済成長
  • 論点 9 権威,その甘美なる束の間――情報通信革命・権威の崩壊・大衆社会
  • 論点10 確率・統計・論理という「まやかし」――客観主義の危険・嘘つきの心理・認識論
  • 論点11 ユートピアとゴミの山――都市論・都市災害・都市の整備
  • 論点12 錬金術は哲学から巣立つか――科学史と現代科学の位相